近視治療・視力回復・子供の近視 | 近視@情報館


眼鏡の歴史

近視の矯正といえば、今でも一番ポピュラーなのは、やはり眼鏡でしょう。では、眼鏡はいつぐらいに開発されたのでしょうか?1306年2月23日水曜日朝、イタリア・フィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェーラ教会で行われた説教の中で、修道士フラ・ジョルダーノ・ディ・リヴァルトが眼鏡について触れ「この20年以内の発明である」「発明者と話をしたことがある」と述べているそうです。これにより、遅くとも13世紀末のイタリアで既に使われていたようですが、しかし、メガネが使われだしたのはイタリアらしい、という事以外には、その発明者が誰であるか、いまだにわかっていません。

また、日本にメガネを伝えたのは、宣教師・フランシスコ・ザビエルで、当時の周防国の守護大名・大内義隆に謁見した際に献上したのが最初といわれています。当初眼鏡は、眼鏡は主に老眼の矯正に用いられていました。そのころのメガネは、レンズが一つの、虫メガネのような形でしたが、これでは両目で見るには不便なので、まもなく、二つの虫メガネを柄のところでくっつけた形になりました。物を見るとき、手でメガネを持つか、鼻の上にのせて使われていました。

現在のメガネの形は“つるつきメガネ”とか“耳かけメガネ”と言われますが、これは、1500年代、皮にレンズをはめ、頭の後ろで結ぶ形のメガネが作られ、これがつるつきメガネの元祖となりました。今のメガネに近い形が作られたのは、1730年ことで、イギリスのロンドンの眼鏡屋が発明しました。これは、ハガネで作られていて、横に蝶つがいで つるがとめられていました。そして、つるについた丸い輪が、バネのように頭を挟み込む仕掛けになっていました。その後、次第にめがねの形は改良され、材料も、鼈甲、プラスチックなどで作られるようになりました。

1760年頃、アメリカの政治家のベンジャミン・フランクリンが、凹レンズと凸レンズを合わせて1つのメガネにはめ込み、遠くも近くもよく見える二重焦点メガネを考案しました。1793年には、イギリスの有名な医学者・物理学者のトーマス・ヤングが乱視を発見し、間もなく乱視用の円柱レンズも発明されました。眼鏡は、約700年の歴史の中で、いろいろと発展してきたのですね。



当サイト人気コンテンツ

近視は治療できるの?
近視は、メガネやコンタクトレンズを使わずに治療するのは難しいと言えます。近視になりかけの、仮性近視の状態の場合、点眼薬を投与する治療法が行われることがありますが、・・・ 続きを読む

近視手術のリスク
最近、視力回復の有効な方法として、レーシック手術が注目されています。しかし、まだ歴史も浅く、安全面が確立していない面もあります。レーシックの安全性、有効性について・・・ 続きを読む

強度近視の注意点
近視でも、強度の近視になると、強度近視ならではの起こりやすい病気があります。まず、網膜はく離があります。網膜はく離は近視眼に多いとされていますが、強度の近視だと、・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ コンタクトレンズ編
★ 最近の様々な対策
★ 防止効果のある食べ物
★ 三つの回復方法
★ 近視と脳の関係
★ 目のトレーニング