近視治療・視力回復・子供の近視 | 近視@情報館


近視と老眼の関係

近視の人は老眼にならない、と言われますが、これは、正しくありません。近視の人は老眼になっても、正視、遠視の人と比べて、もともと近いところにピントが合っているので、その分だけ水晶体の調節を必要とせず、見かけ上、老眼になっていないようにみえます。それでも近くが見えにくくなるのは確かです。ただ、近視の眼鏡を外すと近くは見えるので、余り困らないことになり、このため、老眼レンズの必要性が年齢的に遅いとは言えるようです。

老眼は、眼の中の、レンズの働きをしている水晶体の弾力性が、歳をとると共に弱まることで起こります。この弾力性を元に戻すことは難しいので、新聞を見るときなど、目から離さないとよく見えないような老眼の症状が始まったら、必要に応じて老眼鏡をかけるしかないものです。老眼鏡を早いうちからかけると度が進むのでは、と心配する人もいますが、老眼鏡をかけることで症状が進むわけでも、逆にとまるわけでもありません。このため、かけるのを我慢する必要はありません。

老眼鏡は近くを見るための専用の眼鏡です。従って、近視や遠視の人は、遠くを見るための眼鏡と老眼鏡の二つが必要となります。この場合、めがねを二つ用意するか、1枚のレンズで遠近両用にしたレンズ「多焦点レンズ」にするか、どちらでも構いません。後者の場合、いちいちかけなおす手間が省ける利点がありますが、はっきり見える視野が狭くなってしまうという欠点もあります。

このため、近いところをみる作業が多いような人は、やはり近いところを見る専用の老眼鏡を使用するほうが良いことになります。自分の生活スタイルを考え、めがねの使い方を考えることです。



当サイト人気コンテンツ

近視は治療できるの?
近視は、メガネやコンタクトレンズを使わずに治療するのは難しいと言えます。近視になりかけの、仮性近視の状態の場合、点眼薬を投与する治療法が行われることがありますが、・・・ 続きを読む

近視手術のリスク
最近、視力回復の有効な方法として、レーシック手術が注目されています。しかし、まだ歴史も浅く、安全面が確立していない面もあります。レーシックの安全性、有効性について・・・ 続きを読む

強度近視の注意点
近視でも、強度の近視になると、強度近視ならではの起こりやすい病気があります。まず、網膜はく離があります。網膜はく離は近視眼に多いとされていますが、強度の近視だと、・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ コンタクトレンズ編
★ 最近の様々な対策
★ 防止効果のある食べ物
★ 三つの回復方法
★ 近視と脳の関係
★ 目のトレーニング