近視治療・視力回復・子供の近視 | 近視@情報館


斜視について

近視以外に、斜視というものもあります。これは、ものを見るとき、片方の目は目標のものに向いているのに、もう一方の目の視線は全く違う方向に向いている状態です。これが斜視で、近視、遠視などの概念とはまた違うものになります。通常、我々の眼は両眼視であり、右目と左目で見たふたつの像を、脳でひとつにまとめて見ます。立体感のような三次元の感覚も、両眼視で得られます。

斜視は、内斜視という、左右の目の視線が同じ目標点に向かってなく、片方の目が目標点よりも内側を向いている状態と、外斜視という、外側を向いている状態があります。また、正常の視線よりも上下いずれかにずれている、上下斜視というものもあります。さらに、常に起こる「恒常性斜視」とは別に、ときどき斜視の症状がおこる「間欠性斜視」があります。これは幼児期に起こり、見掛けは斜視のようなのですが、実際には斜視ではない「偽斜視」というものです。乳児に時折見られるのですが、成長とともに自然に治ります。

斜視の原因として、眼筋の神経支配の異常、眼筋そのものの異常、眼筋附着郡の異常などがあります。また,強い遠視や近視がある場合や、片眼の視力不良により両眼の眼筋の微妙なバランスが崩れ、斜視になることもあります。乳幼児期の異常は、しばしば正常な視機能の発達をそこなうことがあり、斜視の原因になることがあります。

斜視は、外見的に気になるだけでなく、視力障害や両眼視異常と密接に関わることが多いのですが、視力回復および治療は難しいとされています。治療はなるべく早期に行うべきです。ピント合わせの努力をするのに伴って発生する斜視以外、治療は、手術が中心です。眼球の向きを変えるために眼球の外側についている6つの筋肉を手術によって強めたり、弱めたりします。場合によっては両眼に施術する必要があります。



当サイト人気コンテンツ

近視は治療できるの?
近視は、メガネやコンタクトレンズを使わずに治療するのは難しいと言えます。近視になりかけの、仮性近視の状態の場合、点眼薬を投与する治療法が行われることがありますが、・・・ 続きを読む

近視手術のリスク
最近、視力回復の有効な方法として、レーシック手術が注目されています。しかし、まだ歴史も浅く、安全面が確立していない面もあります。レーシックの安全性、有効性について・・・ 続きを読む

強度近視の注意点
近視でも、強度の近視になると、強度近視ならではの起こりやすい病気があります。まず、網膜はく離があります。網膜はく離は近視眼に多いとされていますが、強度の近視だと、・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ コンタクトレンズ編
★ 最近の様々な対策
★ 防止効果のある食べ物
★ 三つの回復方法
★ 近視と脳の関係
★ 目のトレーニング