近視治療・視力回復・子供の近視 | 近視@情報館


近視の度数について

視力は、一般的に1.5とか0.5などと表現されますが、これは、1909年の第11回国際眼科学会で国際的に統一された視力の度数で、“ランドルト環”というCの形をしたものを見る検査法が使われ、欧米でも使われています。これに対し、眼鏡業界や眼科では、D(ディオプトリー)という単位が使われています。これは、屈折力のことで、レンズが光を曲げて焦点を結ばせる力を意味します。

例えば、眼科で測定を受け、Dが、右目-1.50、左目-0.80、と言われたら、屈折力が右-1.50、左-0.80のレンズを使うことで、視力の矯正できる、ということになります。Dは「+」か「−」で表されますが、「+」は凸レンズで「−」は凹レンズのことです。一般的に「+」は遠視・老視用、「−」は近視用とされます。一般的にDは0.25毎となっています。

0.1以上の視力の場合、度数と対応しますが、度数2D以下になると、その関係は崩れるので、度数で表記する方が正確に視力を測定・把握することができるとされています。例えば、度数が+−0の場合、視力は1・0か1.2で、無限大まで見えます。1メートルから手前が見える度数マイナス1の人の視力は、0.5程度とされます。

50センチから手前の度数マイナス2の人は0.1程度。マイナス4や6の度数は、視力で0.1以下となります。このため、マイナス2を超える度数の場合、視力はあまり意味がないことになります。マイナス4Dの度数は、マイナス2Dのレンズを2枚合せたときと、同じ見え方になります。度数が3D以下の場合、予算に応じた薄型レンズ(屈折率の高いレンズ)を使えば、さほど厚みの目立たないメガネになります。3D〜6Dくらいの場合、中等度近視とされます。6D〜9Dくらいの場合、強度近視になります。9Dを越える場合、最強度の近視になります。



当サイト人気コンテンツ

近視は治療できるの?
近視は、メガネやコンタクトレンズを使わずに治療するのは難しいと言えます。近視になりかけの、仮性近視の状態の場合、点眼薬を投与する治療法が行われることがありますが、・・・ 続きを読む

近視手術のリスク
最近、視力回復の有効な方法として、レーシック手術が注目されています。しかし、まだ歴史も浅く、安全面が確立していない面もあります。レーシックの安全性、有効性について・・・ 続きを読む

強度近視の注意点
近視でも、強度の近視になると、強度近視ならではの起こりやすい病気があります。まず、網膜はく離があります。網膜はく離は近視眼に多いとされていますが、強度の近視だと、・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ コンタクトレンズ編
★ 最近の様々な対策
★ 防止効果のある食べ物
★ 三つの回復方法
★ 近視と脳の関係
★ 目のトレーニング