近視治療・視力回復・子供の近視 | 近視@情報館


仮性近視

仮性近視は読書やゲームなどで目を酷使することで、ピントを合わせる為の筋肉が上手く働かなり、一時的に近視になった状態です。読書やゲームを止め、しばらく眼を休ませれば回復するレベルの近視、とされています。つまり、近視の症状が軽くて、治る可能性があるのが仮性近視で、治る可能性のないのが真性近視、ということになります。

真性近視でも、仮性近視が続いて近視になった状態は初期近視と言われます。生活習慣の改善や、視力回復トレーニングなどで、眼鏡が不要な視力まで治る可能性はありますが、完治は難しいとされます。仮性近視の状態のうちにメガネを使用すると、眼がめがねに慣れてしまい、真性近視になってしまうと言われ、仮性近視のうちに、眼を酷使せず、生活習慣の改善などで真性近視を防ぐのが大事、とはよく言われることです。

仮性近視は、点眼治療や視力回復トレーニングの機械などで回復することもありますが、回復が見られないケースも多く、一部の眼科医では、仮性近視の存在そのものを疑問視する人もいます。結局、仮性近視になるのは遺伝も含めて様々な理由が考えられ、回復できるかどうかも個人によってケース・バイ・ケースのようです。

ただ、仮性近視は子供のうちになるケースが多いことから、これ以上近視を進行させないように親が配慮することが大事となります。学校の視力検査では、教科書など近くを見た後に検査をすると、一時的な近視になった状態での検査されてしまうことがあります。また、緊張して視力が悪く測定されてしまうこともあります。眼科で正確な検査をしてもらうことです。少し年が行ってから急に視力の衰えが始まった場合、何がしかの眼の疾患の可能性もあります。仮性近視かな?と思ったら、早めに眼科医に言って、眼の検診を受けるほうが良いでしょう。



当サイト人気コンテンツ

近視は治療できるの?
近視は、メガネやコンタクトレンズを使わずに治療するのは難しいと言えます。近視になりかけの、仮性近視の状態の場合、点眼薬を投与する治療法が行われることがありますが、・・・ 続きを読む

近視手術のリスク
最近、視力回復の有効な方法として、レーシック手術が注目されています。しかし、まだ歴史も浅く、安全面が確立していない面もあります。レーシックの安全性、有効性について・・・ 続きを読む

強度近視の注意点
近視でも、強度の近視になると、強度近視ならではの起こりやすい病気があります。まず、網膜はく離があります。網膜はく離は近視眼に多いとされていますが、強度の近視だと、・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ コンタクトレンズ編
★ 最近の様々な対策
★ 防止効果のある食べ物
★ 三つの回復方法
★ 近視と脳の関係
★ 目のトレーニング