近視治療・視力回復・子供の近視 | 近視@情報館


強度近視の注意点

近視でも、強度の近視になると、強度近視ならではの起こりやすい病気があるので注意が要ります。まず、網膜はく離があります。網膜はく離は一般に近視眼に多いとされていますが、強度の近視だと、より眼球の形が楕円状になるので、それだけ網膜がはがれやすくなるのです。眼球に強い刺激が与えられたときなどに起こりやすく、ボクシングでよく選手がなるのもそのためです。このため、眼に物をぶつけたりしないように注意が要ります。

白内障は、強度近視の人の場合、普通より早く、中年になって起こりやすく、視力障害が起こり、明るい所でまぶしさを感じる様になります。また、緑内障も、-6.0D(ジオプトリー)以上の強い近視の人のうち、約3%が緑内障を合併するといわれ、一般よりも高率に発生しています。

飛蚊症もあります。これは、目の前を何か虫が飛んでいるように思えたり、糸くずが付いているように見える目の症状で、目の内部を満たす透明な硝子体に混濁ができることでおこります。強度近視の場合比較的若い年齢からこの混濁を見ることが多く、ほとんどは問題がないものですが、ときに網膜剥離を引き起こすこともあるので注意が要ります。生理的飛蚊症と後部硝子体剥離による飛蚊症の場合、治療の必要はありませんが網膜裂孔や硝子体出血などの病的なものは、治療が必要となるので、飛蚊症の症状が出た場合、とりあえず眼科で診断してもらうことです。

黄斑部変性症は、ものを見る網膜の中心部である黄斑部が変性を起こす疾患です。先天性のものと加齢が原因の黄斑部変性症の例ですが、これに加え強度近視によるものがあります。まだ治療方針は確立されてなく、視力の低下はもちろん最悪失明します。これらの疾患の予防のためには、眼を酷使せず、眼の健康に気を配った食生活を心がけることです。



当サイト人気コンテンツ

近視は治療できるの?
近視は、メガネやコンタクトレンズを使わずに治療するのは難しいと言えます。近視になりかけの、仮性近視の状態の場合、点眼薬を投与する治療法が行われることがありますが、・・・ 続きを読む

近視手術のリスク
最近、視力回復の有効な方法として、レーシック手術が注目されています。しかし、まだ歴史も浅く、安全面が確立していない面もあります。レーシックの安全性、有効性について・・・ 続きを読む

強度近視の注意点
近視でも、強度の近視になると、強度近視ならではの起こりやすい病気があります。まず、網膜はく離があります。網膜はく離は近視眼に多いとされていますが、強度の近視だと、・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ コンタクトレンズ編
★ 最近の様々な対策
★ 防止効果のある食べ物
★ 三つの回復方法
★ 近視と脳の関係
★ 目のトレーニング