近視治療・視力回復・子供の近視 | 近視@情報館


子供の近視予防のために

戦後、子供の近視が増加するようになりました。最近の調査によると、小学生の10%が近視で、中学生になるとさらに増え、20〜30%の生徒に近視がみられるとのことです。こうした子供の近視の増加は、勉強のし過ぎ、ファミコン、TVゲームの悪影響、と指摘する声も多いですが、実際は、良く勉強をする子やTVゲームをよくする子でも、近視になる子とならない子がいます。

近視の原因は、生活環境以外に、遺伝なども複雑に絡んでくるといわれ、子供の近視が増加しているのも、まだはっきりとした原因はつかめていないのが現状です。しかし、それでも現代の生活環境が近視の子供を増加させているのは間違いないようです。子供の目の成長は、20代前半でストップすると考えられています。小さいうちは、どちらかというと遠視に近い状態で、目が成長していくに伴い、近視に近い状態に近づいていき、通常なら正視に近い状態か、軽い近視の状態で落ち着くといわれています。

しかし、全ての子供が、このような理想的な状態で視力が落ち着くものではなく、子供のうちに強い近視にならないようには、ある程度の配慮が必要となるのです。しかし、勉強、本を読むことなどは、子供のうちはむしろ眼のトレーニングとして必要なことと言えます。大事なのは、暗いところで長時間本を読ませないなど、眼の酷使をさせないようにすることです。TVゲームなども時間を決めてやらせるようにしましょう。

食生活でも、肉、野菜、魚をバランスよく摂らせ、間食を多く摂り過ぎないようにさせることでしょう。近視の予防のためには、DHA、ビタミンA、アントシアニンなどのサプリメントを摂らせるのも一つの方法ですが、子供の場合、大人と違って摂取量に気をつける必要があります。



当サイト人気コンテンツ

近視は治療できるの?
近視は、メガネやコンタクトレンズを使わずに治療するのは難しいと言えます。近視になりかけの、仮性近視の状態の場合、点眼薬を投与する治療法が行われることがありますが、・・・ 続きを読む

近視手術のリスク
最近、視力回復の有効な方法として、レーシック手術が注目されています。しかし、まだ歴史も浅く、安全面が確立していない面もあります。レーシックの安全性、有効性について・・・ 続きを読む

強度近視の注意点
近視でも、強度の近視になると、強度近視ならではの起こりやすい病気があります。まず、網膜はく離があります。網膜はく離は近視眼に多いとされていますが、強度の近視だと、・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ コンタクトレンズ編
★ 最近の様々な対策
★ 防止効果のある食べ物
★ 三つの回復方法
★ 近視と脳の関係
★ 目のトレーニング