近視治療・視力回復・子供の近視 | 近視@情報館


近視に対する、三つの回復方法

日本人は近視の人が多く、三人に一人は近視といわれています。 近視の原因は遺伝説、環境説 栄養説など、いろいろなな説が ありますが、病的なものや、外傷によるもの、また遺伝による 先天的な近視でなければ、視力を回復できる可能性もあるもの です。視力回復する方法には、トレーニングによる方法や レーシックなどの手術による方法など、様々な方法があります。 自分に合った視力回復手段を選び、視力回復にトライしてみる ことでしょう。

視力回復の方法は大きく分けて三つあります。一つは視力回復 トレーニング、もう一つは夜間に矯正用のコンタクトレンズを 装用するオルソケラトロジー、そして三つ目は、視力矯正手術 のレーシックです。それぞれに一長一短あるので、自分にあっ たものを比較検討してみる必要があります。トレーニングの 場合は、眼病やケガのリスクが最も少ないこと。オルソケラト ロジーの場合は、短期間で1.0以上の視力を回復できること。 レーシックの場合は、短期間で1.0以上の視力を回復できること、 などの各メリットがあります。

デメリットとしてはトレーニングの場合、リハビリと同じで 根気良く続けなければ近視の回復は難しいこと。生活習慣の 改善も必要になること。乱視は治せない、などがあります。 オルソケラトロジーの場合、専用のコンタクトレンズを使う ため継続的に費用がかかること。装用をやめてしばらく すると元の近視に戻ることなどがあります。レーシックの 場合、合併症のリスクがある。長期的には近視の戻りも心配 などがあります。

回復期間としてはトレーニングの場合、個人差がありますが 軽度の近視であれば数日間で回復する事例もあります。 しかし重度近視の場合は、数ヶ月から数年かかることも あります。オルソケラトロジーの場合、早ければオルソケラ トロジー開始の翌日から、裸眼で生活できるようになります。 ただし終日効果が持続するようになるには1週間程かかる 場合が多いようです。レーシックの場合、術式によっては、 翌日に視力が出ることもあり数日から数ヶ月で安定します。



当サイト人気コンテンツ

近視は治療できるの?
近視は、メガネやコンタクトレンズを使わずに治療するのは難しいと言えます。近視になりかけの、仮性近視の状態の場合、点眼薬を投与する治療法が行われることがありますが、・・・ 続きを読む

近視手術のリスク
最近、視力回復の有効な方法として、レーシック手術が注目されています。しかし、まだ歴史も浅く、安全面が確立していない面もあります。レーシックの安全性、有効性について・・・ 続きを読む

強度近視の注意点
近視でも、強度の近視になると、強度近視ならではの起こりやすい病気があります。まず、網膜はく離があります。網膜はく離は近視眼に多いとされていますが、強度の近視だと、・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ コンタクトレンズ編
★ 最近の様々な対策
★ 防止効果のある食べ物
★ 三つの回復方法
★ 近視と脳の関係
★ 目のトレーニング