近視治療・視力回復・子供の近視 | 近視@情報館


近視を防ぐ食べ物

近視を防ぐためには、日常の食べ物にも、ある程度気をつける 必要があります。眼に良い食べ物は、体全体にも重要となる 栄養素ばかりなので、ぜひ食事やサプリメントで、補充する ことです。まずビタミンAは、視紅(ロドプシン・・・明るさ を感じる部分)に無くてはならない栄養素です。これが不足 すると、「夜盲症」になってしまいます。さらに、極端に不足 すると、「角膜軟化症(角膜が溶ける)」になる恐れもあります。 ビタミンAをよく含んだ食べ物としては、レバー、うなぎ、 卵黄、バター、チーズ、海苔、しそ、パセリ、にんじん、春菊、 にら、ほうれん草、モロヘイヤなどがあります。

ビタミンB1が不足すると、眼精疲労、神経系萎縮、視神経炎 を起こします。酸化還元にも必要なビタミンで、眼のエネルギー 代謝を促進します。豚肉(ヒレ・モモ)、ゴマ、ぬか、ロースハム、 ベーコン、シイタケなどに多く含まれています。ビタミンB2は、 網膜の視細胞の働きを高め、明暗順応を促進し、ピント調整機能、 瞳孔の光量調節作用があります。海苔、ワカメ、うなぎ、干し しいたけ、レバー、ハム、さば、卵、チーズなどに多く含まれます。

DHAは網膜と視神経の脂肪酸の50〜60%を占めていて情報伝達 に大切な役割を持っています。マグロ、さば、いわし、サンマ などに多く含まれています。アントシアニンは目の網膜に存在し 視覚に関わる成分があるロドプシンの再合成を促進し、疲れ目の 改善や予防に効果があります。ブルーベリー、カシスなどに多く 含まれます。ルテインは、目に入ってくる紫外線を吸収し、 高い抗酸力で網膜の酸化を防ぎ、眼球にある毛細血管の血流を 促進し、血液の状態を良くします。ブロッコリー、ほうれん草、 マリーゴールドなどに多く含まれます。

他にも、ビタミンC、カルシウム、鉄分などがあり、これらの 成分は、体を丈夫にし、疲労回復、血管強化作用、血液を アルカリ性にする、などの効用があります。こうした食べ物を、 バランスよく摂取するように心がけることで、健康な体となり、 それが、視力回復にも繋がることになるものなのです。



当サイト人気コンテンツ

近視は治療できるの?
近視は、メガネやコンタクトレンズを使わずに治療するのは難しいと言えます。近視になりかけの、仮性近視の状態の場合、点眼薬を投与する治療法が行われることがありますが、・・・ 続きを読む

近視手術のリスク
最近、視力回復の有効な方法として、レーシック手術が注目されています。しかし、まだ歴史も浅く、安全面が確立していない面もあります。レーシックの安全性、有効性について・・・ 続きを読む

強度近視の注意点
近視でも、強度の近視になると、強度近視ならではの起こりやすい病気があります。まず、網膜はく離があります。網膜はく離は近視眼に多いとされていますが、強度の近視だと、・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ コンタクトレンズ編
★ 最近の様々な対策
★ 防止効果のある食べ物
★ 三つの回復方法
★ 近視と脳の関係
★ 目のトレーニング