近視治療・視力回復・子供の近視 | 近視@情報館


近視の対策の一つ、コンタクトレンズ

近視の視力回復には、現在はいろいろな治療法が開発されて いますが、通常は、めがねとコンタクトレンズが使われます。 めがねとコンタクトレンズでは、やはりめがねのほうが安全 と言えます。今のめがねのレンズは大抵プラスチックなので、 割れて角膜を損傷させることもありませんし、ごみや花粉など も入ってきません。しかし使用に注意すればコンタクトレンズ もさほど問題はありません。

ただやはり子どもの場合はコンタクトレンズの扱いに多少 問題があるので、きちんと扱えるようになるまではめがねの ほうがいいでしょう。コンタクトレンズは、中学生ぐらいから 使用した方が良いようです。他に左右の度が違う人、円錐角膜 という病気を持っている人、近視が非常に強い人など、医学的、 身体的な理由から、コンタクトレンズを使ったほうが良い 場合もあります。

コンタクトレンズの場合、ハードレンズだと、従来は酸素を 通さなかった、あるいは不十分だったことから、酸素不足に よる角膜障害が起きる恐れがありましたし、ソフトレンズだと、 まれに、感染症による角膜障害が起こるケースがありました。 しかし、今は酸素透過性のハードレンズの普及で、従来、 コンタクトレンズ使用者に多かった角膜障害もかなり少なく なっています。

コンタクトレンズを視力回復の手段として利用する新しい方法、 「オルソケラトロジー」もあります。オルソケラトロジーは、 オルソレンズというコンタクトレンズを夜間に装着して昼間 の視力を回復させるものです。この方法は視力が0.05〜0.1 程度の、軽度から中程度の近視の視力回復に効果があると いわれます。この程度なら、約1週間の治療で0.7〜1.0ほど まで視力が回復すると言われています。また、近視の進行を 予防するのにも効果があるといわれます。



当サイト人気コンテンツ

近視は治療できるの?
近視は、メガネやコンタクトレンズを使わずに治療するのは難しいと言えます。近視になりかけの、仮性近視の状態の場合、点眼薬を投与する治療法が行われることがありますが、・・・ 続きを読む

近視手術のリスク
最近、視力回復の有効な方法として、レーシック手術が注目されています。しかし、まだ歴史も浅く、安全面が確立していない面もあります。レーシックの安全性、有効性について・・・ 続きを読む

強度近視の注意点
近視でも、強度の近視になると、強度近視ならではの起こりやすい病気があります。まず、網膜はく離があります。網膜はく離は近視眼に多いとされていますが、強度の近視だと、・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ コンタクトレンズ編
★ 最近の様々な対策
★ 防止効果のある食べ物
★ 三つの回復方法
★ 近視と脳の関係
★ 目のトレーニング