近視治療・視力回復・子供の近視 | 近視@情報館


単純近視と病的近視

これまで我が国では、読書や勉強など、目を酷使する作業 を続けたことで一時的に近視の状態になったという状態を 「仮性近視」あるいは「偽近視」と捉える考え方が主流 でした。しかし、元来これは日本独自の考え方であり、 最近は否定的に捉えられるようになっています。眼科医師 の間では、単純近視も病的近視も含め、近視は遺伝的な 要素が強く関係しているという考えが主流となっています。

こうしたところから考えれば、勉強をしすぎたり、暗い ところで本を読んだせいで近視になった、ということは ありませんし、近視治療で治ったというのも例外的なもの、 ということになります。近視の人の大多数は、めがねや コンタクトレンズで視力の回復、矯正が可能な単純近視です。 単純近視の場合は、近視の度が比較的軽いことが多く、 めがねをかければ正常の視力まで矯正可能となります。

近視だと遠いところは見にくいのですが、近いところは 良く見えます。つまり、近視の人は、近くを見るときには 正視の人よりも調節しなくていいので、現代のように、 近くの細かい文字などを見ることが多い生活ではかえって 目が疲れにくいという利点もある、ということになります。 ただ、中には、ごくわずかに、病的な近視の人もいます。 単純近視は小学校高学年から中学生ほどから始まるのに対し、 病的近視の場合は幼児期から始まり、どんどん進行します。

こうしたケースは、近視の度も強く、めがねをかけても 視力が0.1や0.2までぐらいしか視力回復が出来ません。 眼球がかなり大きくなるので網膜が引き伸ばされ、薄く なっています。そのため、目を打撲するなど、ちょっと した衝撃で網膜に裂傷が生じ、網膜はく離を起こす危険 も生じます。問題となるのは、こうした病的近視のほうで、 この場合は、めがねをかけても視力はさほど回復しません。 近視の人でも、ごくわずか、約1パーセントでこのような 病的近視のケースがあります。



当サイト人気コンテンツ

近視は治療できるの?
近視は、メガネやコンタクトレンズを使わずに治療するのは難しいと言えます。近視になりかけの、仮性近視の状態の場合、点眼薬を投与する治療法が行われることがありますが、・・・ 続きを読む

近視手術のリスク
最近、視力回復の有効な方法として、レーシック手術が注目されています。しかし、まだ歴史も浅く、安全面が確立していない面もあります。レーシックの安全性、有効性について・・・ 続きを読む

強度近視の注意点
近視でも、強度の近視になると、強度近視ならではの起こりやすい病気があります。まず、網膜はく離があります。網膜はく離は近視眼に多いとされていますが、強度の近視だと、・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ コンタクトレンズ編
★ 最近の様々な対策
★ 防止効果のある食べ物
★ 三つの回復方法
★ 近視と脳の関係
★ 目のトレーニング