近視治療・視力回復・子供の近視 | 近視@情報館


近視の正確な視力測定法は

近視を修正するには一般的にめがねとコンタクトレンズが 使用されます。それ以外の矯正方法としては、手術による 視力回復の方法などもありますが、今のところ、確実では ありませんし、安全性も確立されていません。めがねや コンタクトレンズが必要なのはどれくらいからかというと、 通常の基準で考えれば、0.7程度の視力があれば良い、 といわれています。

つまり、視力が0.6以下になったら、一応めがねが必要、 ということになります。小学校の高学年程度までなら、 常にメガネをかけるのではなく、見るのに不便を感じた ときだけにかけるようにすれば良い、とも指導されます。 視力は一般的に学校の健康診断などでは視力表を用いて 視力を検査します。これによる目安では1.0以上見える場合 を正視、それ未満を屈折異常、つまり近視と判断します。

ただ実際は決して正確な検査とはいえません。正確に目の 屈折の異常を測定するためには、目を休ませた状態で測る 必要があります。水晶体の厚みを変えて、調節をつかさ どっている毛球体筋を、目薬を使って一時的に休ませた 上で調べるのが、正確な測定法となります。ただ、特に 小さな子どもの場合は、調節を休ませることは難しい のが現実です。

このため、レフラクトメーターという器械や検眼鏡と、 レンズとの組み合わせによる、検影法という屈折検査で 判定が行われます。この検査を用いれば正確な視力検査 が難しい小さな子どもの場合でも、目の度数を測定する ことが可能になります。子どもの近視の進み具合を知る ためには、たまに、このような精密な検査を受けてみる のも良いでしょう。



当サイト人気コンテンツ

近視は治療できるの?
近視は、メガネやコンタクトレンズを使わずに治療するのは難しいと言えます。近視になりかけの、仮性近視の状態の場合、点眼薬を投与する治療法が行われることがありますが、・・・ 続きを読む

近視手術のリスク
最近、視力回復の有効な方法として、レーシック手術が注目されています。しかし、まだ歴史も浅く、安全面が確立していない面もあります。レーシックの安全性、有効性について・・・ 続きを読む

強度近視の注意点
近視でも、強度の近視になると、強度近視ならではの起こりやすい病気があります。まず、網膜はく離があります。網膜はく離は近視眼に多いとされていますが、強度の近視だと、・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ コンタクトレンズ編
★ 最近の様々な対策
★ 防止効果のある食べ物
★ 三つの回復方法
★ 近視と脳の関係
★ 目のトレーニング