近視治療・視力回復・子供の近視 | 近視@情報館


最近の近視に対する考え方

一般的に近視を防ぐためには、本は目を離して読む、暗いところで 本を読まない、などの目の健康法を子どもに勧めるものです。しかし 実際は近視は遺伝的要素も大きく関わるため、どうしても、近視に なる人はなってしまうものなのです。子どもの目の発達から考えて、 目が悪くなるから目を使わないようにする、というのは逆効果とも 言えるのです。

「ものを見る」というのは自然な行為であり、視力の発達に必要な 訓練なわけです。年齢的に見ると就学前の幼児や小学校低学年の 間は、遠視が多いものです。これが、学年が進むにつれ、近視の 割合が増えてきます。大抵は子どもの頃から近視が始まりますが、 20歳〜25歳で屈折状態の変化がストップし、近視の度の進行も この前後で止まることになります。

つまり、20歳を過ぎれば、近視はあまりひどくならないのです。 従来目を酷使することで一時的に近視の状態になるのを仮性近視 と言われていましたが、本当は、これは日本ならではの考え方で、 現在は否定的に見られるようになっています。また、以前は仮性 近視に対する治療のひとつとして、調節麻痺薬という薬を夜寝る 前に点眼し、毛様体筋を休ませる方法が広く行われていました。

しかし薬の効果が疑問視されるようになり、現在では健康保険 の適応外となっていますし、さらにこの薬は、使用法を誤ると、 緑内障を誘発する危険もある、ということも指摘されています。 また、近視が改善されたかどうかの診断は、通常の視力の測定 だけではなく、専用の屈折検査の機器を用いて、屈折度の単位 で正確に測って比較する必要もあります。



当サイト人気コンテンツ

近視は治療できるの?
近視は、メガネやコンタクトレンズを使わずに治療するのは難しいと言えます。近視になりかけの、仮性近視の状態の場合、点眼薬を投与する治療法が行われることがありますが、・・・ 続きを読む

近視手術のリスク
最近、視力回復の有効な方法として、レーシック手術が注目されています。しかし、まだ歴史も浅く、安全面が確立していない面もあります。レーシックの安全性、有効性について・・・ 続きを読む

強度近視の注意点
近視でも、強度の近視になると、強度近視ならではの起こりやすい病気があります。まず、網膜はく離があります。網膜はく離は近視眼に多いとされていますが、強度の近視だと、・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ コンタクトレンズ編
★ 最近の様々な対策
★ 防止効果のある食べ物
★ 三つの回復方法
★ 近視と脳の関係
★ 目のトレーニング